カフェ開業のおすすめ本~成功しているカフェオーナーが勧める6冊

カフェ開業にあたっての情報収集、

今はネットから始めることが多いと思いますが、

ネットで調べたことを書き留めてるうちに、何がなんだか分からなくなることも多いのではないでしょうか?

購入代はかかりますが、書籍は書き込みや付箋もつけられるし、必要なところだけスクラップもできてやっぱり便利です。

私が読んでおすすめしたいものをご紹介します。

1.Cafe&Restaurant

通称「カフェレス」、カフェ巡りの好きな方にも愛読されてますが、カフェ開業希望者にとってはバイブル的な雑誌でもあります。「いつかはカフェレスに載りたい!」と頑張る方も多いです。

特集が自分の気になるものだけを購入されるのもいいと思いますが、

特集以外にも開業に役立つページが満載なので、私は定期講読をしていました。

コーヒー豆をお願いしているロースターさんとの出会いもこの本からでした。

2.料理通信

「料理通信」のなの通り、料理や製菓に特化している雑誌です。私は食材に拘りたいと思っていたので、食材別の業務用の専用サイトや新しい食材、レシピなどもここから調べていました。取材されている方もすごく拘りのある方ばかりで、触発されることも多かったです。卵や紅茶、砂糖など、生産販売されている方に直接メールを送ったりする勇気はこの本を読まなければなかったかもしれません。

3.ド素人OLが飲食店を開業しちゃダメですか?

「カフェをやりたい!」と思ったら最初に読んでもいいかも知れないというくらい、記事が分かりやすく書いてあります。

飲食店をやりたいと思い立ったOLさんが知り合いのマスターに教えてもらいながら開業していくのですが、会話形式になっていて読みやすかったです。

4.カフェをはじめる人の本

自分らしいカフェをオープンした方のインタビューが数多く掲載されていて、

自分のカフェのコンセプトを決めるのに参考になる本です。客数や定休日などの情報も載っているので、営業計画を立てる際の指標にもなりました。

後半には開業にまつわる基本的な情報も載っているので、一冊だけ買ってみてという方にもおすすめです。

5.ひとりではじめるこだわりカフェ塾

実はこの本は、開業してから読んだ本です。今は日毎月毎に売上にも波があることに対する精神的な強さは身に付きましたが、当時はジェットコースターのような売上の上げ下げに「???」となり、閉店後の店内でネットサーフィンしていました。

こちらの本も開業一年目で色んな悩みにぶつかり、もがきつつも創意工夫しながら人気店を作り上げられた著者が、「そうならないように」と書かれた本です。

単に「開業」というだけでなく、その先の営業まで見据えた本になっています。オープンしてしまうと、うまくいかないからと軌道修正していくことも思ったより難しいです。ぜひオープン前に読んでおくことをおすすめします。

6.ELLE a table

開業前にお世話になったコンサルの先生に「これ読んで盛り付け勉強して」と言われた本です。盛りつけ、色のセンス、ホントにおしゃれな本です。雑貨販売を併設したいと考える方にも参考になると思います。

まとめ

飲食店開業の本は本当にたくさん出版されていて開業希望者の多さを物語っています。「小さなカフェ」に絞っても全部は読みきれないくらいです。ついつい全部買って読まないと失敗するのではと思いがちですが、ご自身のニーズに合わせて選んでください。開業のイロハだけを知りたいなら図書館にある古めの本でも大丈夫ですよ。

カフェ開業に役立つ情報発信中。

LINE@登録は↓

友だち追加

小さなカフェを開業したらこんな生活が待っています

私のお店の営業時間は

午前11時から午後8時、定休日は月曜日です。

平均的な私の一日を紹介したいと思います。

午前8時 出勤

私はお客様へのお釣りをすべて新札でお渡ししているため、少なくても2日に1回は銀行へ行かなくてはなりません。銀行には1台しか両替機がなく、新札の枚数もあまりないので、9時前には銀行について並んでいます。

なので8時台はとにかくパラレルでできるだけ多くのことをできるようにしています。

まずはお湯を沸かす

お米を洗って炊飯の予約

ホールの掃除をする→ただ掃き掃除や拭き掃除だけでなく、テーブル周りが雑然としていないか、レジ周りは整理整頓してるか、お客様の荷物入れの中もチェックしています。

トイレの掃除をする

戎神社の笹を拝む→これ大事にしています。お店の売り上げが上がるようにだけでなく、一日怪我無く終われること、お客様にもしものことがないこともお願いしています。

カトラリーを整理する

シュガーポットの準備をする→シュガーポットは毎日洗います。洗った当日少しでも水気が残っているとシュガーが湿ってしまうので翌朝に完全に乾いたシュガーポットに詰めなおしています。

ケーキの型だし→前日に焼いたシフォンケーキを型から外します

午前8時50分 銀行へ行く

金曜日は混雑するので少し早めに行っています。年末は9時前に着いても長蛇の列。40分くらい待ったこともありました。焦りました。

午前9時半 SNS用の写真を撮る

朝のほうが光の関係できれいに写真が撮れるので、この時間に写真だけでも撮るようにしています。ランチの写真を撮るときは賄い兼用になるので昼休憩の時に。

投稿自体は12時前や18時、20時など、お客様が携帯を見てるであろう時間にするように心がけています。

投稿がなければチラシのポスティングに行くこともあります。

昼休憩まで何も食べれなくなるのでおやつも食べます。

午前10時 仕込みしながら材料納品の荷受け

配達時間は大体しか決まっていないので、この時間から先は店にいないといけません。簡単な副菜やスープ、アイスコーヒーなどはこの時間帯に用意をすることが多いです。

お弁当の予約があるときは、予約時間の30分前から準備をしています。早めに来られることも考えて予約時間の10分前には出来上がっているようにしています。

午前11時 お弁当対応開始

午前11時半 店内ランチタイム開始

一人営業なので、調理、接客、会計、バッシングで精一杯。

洗い物がたまってもとにかくお客様最優先です。

当日仕込みするもの、買わなければならないものを書き出しておきます。

2時くらいになると落ち着いてくるので洗い物を始めます。

午後3時半 ランチラストオーダー

昼休憩をとります。といってもお客様が少ない日はもっと早く、多い日は5時ごろになることも。

午後4時半 仕込み開始

書き出したメモをもとに仕込みを始めます。優先順位をつけて進めます。

簡単なものは翌日に回します。

常連様が来られるとお話しも必要なので、思ったより仕込みが進まないこともありますが、焦らない。

午後7時 ラストオーダー30分前

片付けを始めます。お菓子はこの時間から少しずつ準備します。

通常はケーキは毎日1台ずつ焼き足して行きますが、日によっては3台以上焼くこともあります。

午後8時 閉店

ケーキの仕込みをする

オーブンに入れたらレジ精算をする

キッチンの掃除をする→床掃除、ガスレンジの掃除、食洗機の掃除、グリストラップの簡易清掃は毎日です。

レンジフード、グリストラップ解体清掃、厨房機器のフィルター掃除は月2回でなるべく定休日の前日にしています(帰宅が遅くなってもいいように)

何週目に何を掃除するか決めています。掃除が終わったら日報をつけて業務終了。

店を出るのは早くて9時半です。ケーキの台数が多い時は11時頃になることもあります。

2.お休みの日はどうしてる?

お休みと言っても

次の日の仕込みがあるので3~4時間ですが出勤することが多いです。

月に一回は床の洗剤掃除をします。伝票整理などもしています。

3.オープン当初はどうだった?

ちなみに上記は今の私の生活です。

オープン当初はリズムがつかめず、毎日午前様、ずっと車通勤をしていました。

「絶対日付が変わる前なんかに帰れない」と思っていましたが、

1年も経つと要領がつかめて余裕でバスに乗って帰れるようになりました。

今は自転車通勤。今となっては「なんであんなに時間がかかってたんだろう?」と。慣れるってすごいですね。

まとめ

一日のほとんどをお店で過ごし、外出などもままならないことも多いですが、

ランチピークのあとの静かな店内で休憩のお茶を飲むとき、

ふらりと来られる常連様とお話しするとき、

店の出窓から夕焼けを眺めるとき

カフェオーナーになってよかったと

心から思います。

あなたも夢を叶えてくださいね。

開業準備何から始めたらいい?知りたい人はこちらをクリック!

カフェ開業サポートのご案内はこちら

カフェ開業に役立つ情報配信中。LINE@に登録してね

友だち追加

お客様に重要なお知らせ

いつもミルダカフェをご愛顧いただきありがとうございます。

新しい時代を前にして、お客様にお知らせがあります。

〈4月より定休日が増えます〉

今のところまだ第3月曜日以外のお休みを決めかねておりまして、流動的となります。
4月は
4/1、6、15、29日をお休みいたします。

〈店内の開店を11時30分といたします〉

お弁当業務の強化のため、店内営業を11時30分開始とさせていただきます。
本日時点でご予約を頂戴しておりますお客様につきましては11時よりご対応させていただきます。
お弁当の受け渡しはこれまで通り11時からとさせていただきます。

〈夜カフェの一部メニューのご提供を終了いたします〉

一昨年4月より開始しておりました夜カフェですが、今後は昼夜共通のメニュー構成とし、一部メニューのご提供を終了いたします。
ご予約のお客様には事前にご希望をお伺いし、ご要望に沿ったメニューをご提供できるよう努力いたします。

店をオープンして3年半となりますが、
一人での長時間営業は体力的に限界があり、
自身の体調とも相談し
長く店を続けて行くため今回の結論に至りました。
これからも丁寧な仕事を心がけ、お客様をお迎えする気持ちに変わりはございません。
どうぞこれからもミルダカフェをよろしくお願い申し上げます。

今週は「鶏肉のピカタ」です。

今週のランチのメインは
「鶏肉のピカタ バジルソース」です。

淡白な味になりがちな鶏むね肉ですが
バジルソースのおかげで何にも負けないおかずになりました。

そしてもうひとつのおすすめは
トマト🍅です

熊本の塩トマト農園からやってきたこのトマト、
「あ、あまい❗」

生で食べてもマジ美味しかったですが、
少しグリルしたものを添えることにしました。

こちらはなくなり次第他のグリル野菜となります。

今週は「味噌クリーム煮」です

今週のランチのメインは
「鶏肉の味噌クリーム煮」です。
クリーム煮ってご飯にはちょっと…と思いそうですが、お味噌を入れてご飯にも合うおかずになりました。一緒に煮込んだお野菜もトロトロです👌

春がそこまで来てるのに
ちょっと肌寒いですが
温まりに来てくださいね❤️

春のミニマルシェ 出店者ご紹介

3/17 春のミニマルシェ 出店者紹介
vol2 hofuna雑誌店

初出店です❗

イタリア製合皮に線画でデザインしたミニ財布とメガネケースにもなるペンケースをともに5色展開で販売します。
また、カカオ豆をそのままスィーツに仕上げたお菓子も販売。

皆さまのお越しをお待ちしております。

お弁当に便利な作りおきおかずレシピ~さつまいものレモン煮

箸休めになるさつまいもの甘煮。

レモンをいれることで爽やかな酸味を伴ってお店の味になります。

材料

さつまいも(お好きな品種) 中1本

砂糖 大さじ5

レモン汁(市販のレモン果汁でOK) 30cc

水 200cc

作り方

さつまいもはたわしで軽くこすって汚れをとり、皮のついたまま5ミリ程度の輪切りにします。

鍋にさつまいも、かぶるくらいの水を入れて火にかけ、10分ほど固めに茹でます。

一度湯をこぼし、砂糖、レモン汁、水を入れて落し蓋をして再度火にかけ、10分ほど煮ます。

水が多いと、出来上がりも水っぽくなるので、ヒタヒタより少し少なめがいいです。

竹串がすっと通るまで煮たら火を止め、そのまま一晩置きます。

レモンがないときはリンゴ1個を食べやすい大きさに切って、さつまいもを覆うように並べて水を足して煮ます。このときは砂糖は半分の量、塩をひとつまみ入れるといいです。

保存期間

冷蔵庫で4日程度

春のミニマルシェ 出店者ご紹介

3/17 春のミニマルシェ 出店者紹介
vol1. komamecafe

ハンドメイドアクセサリー、春色ハーバリウム、母の日のカーネーションハーバリウム、ハーバリウムボールペンを販売いたします。
ピアス、イヤリングは¥300〜とイベント価格となっています。

プレゼントにいかがでしょうか😆
お客様のご来店、お待ちしております💕