高校生の勉強場所、期間限定でカフェを開放します。

コロナウイルスの蔓延予防から3/2小中高の休校が決まりました。

お仕事をされている保護者さまは仕事と育児の調整が大変なことと思います。

大学受験はまだ後期日程を残しており、受験勉強中の高校生も多いことと思います。

そこでミルダカフェでは

3/2より2週間、奥のテーブル席を勉強目的で利用の高校生のみ、1テーブル500円で解放します。

3テーブル6名までとなりますので、相席をお願いすることがあります。

ドリンクの提供はなく、お冷やもしくは白湯をセルフで利用いただけます。

勉強目的なので、お友達とのおしゃべりなどには使えません。

店内は通常よりテーブル、椅子、ドアノブなどアルコールを使っての清掃をしております。

マスク着用の上お越しください。

ナイトカフェで新しい繋がりを

ミルダカフェの第2ステージでやりたかったことのひとつに、「知っている」「できる人」と「知りたい人」「やってみたい人」を繋げる場を作りたいというのがあります。

その第一歩として、毎月第2水曜日の夜を「ナイトカフェ」と題して解放しようと思います。

第1回目は3/11。

参加料は770円です。

気負わず来ていただいて思わぬ縁ができたらなと思っています。

ワンコインブースしていただける方も募集中💛

詳しくはこちらへ

無店舗で飲食業に関わるシェフさんへ~伊丹の許可付きキッチンが応援できること

独自の営業活動で無店舗でお仕事されているフリーランスの料理人さんが増えてきていると聞いています。

ケータリングや料理教室、メニュー開発、飲食店コンサルタント。

都市圏では「ゴーストレストラン」なるものもあり、料理の世界はどんどん広がって行っていますね。

なぜ店舗を持たないのか

飲食店は3年以内の廃業率7割と言われている厳しい世界です。

カフェと違い、レストランとなると簡単な内装では出す料理とのバランスが取れません。お客様から高単価をいただくならそれなりのしつらえが必要です。

初期投資のかかる店舗作りはリスクも大きいですよね。

人のやりくり、お金のやりくりなど、「美味しいお料理を作る」以外の作業も増えてきます。

本当に店舗は必要ないのか

修業が終わっていきなり有店舗開業は難しくても、「いつかは自分の店を持ちたい」という思いのある料理人さんが多いのも事実です。

店舗営業には店舗営業ならではの良さがたくさんあることは、修業時代で身に染みてらっしゃるのだと思います。

ミルダカフェが応援できること

そんな「腕に自信のある」シェフさんに、店舗営業という活動の場を拡げていただきたいと、この度「店舗まるごとレンタル」を開始します。

将来の夢に向かっての青写真を固めていただけたらと思っています。

料理人さん向けレンタルキッチンプランのご紹介はこちら

シャキシャキ食感が嬉しい蓮根のはさみ焼き

当店のランチはお食事とドリンクがすべてお変わり自由のオーダーバイキング形式になっています。 主菜1種類に副菜5~6種類のご用意があります。ドリンクはスペシャリティコーヒー・和紅茶を始めアレンジドリンクなど15種類ほどあります。 デザートは手作りのスイーツ4~5種類ほどあり、盛り合わせでのご提供ができます。 現在主菜は人気のおかず「ミートローフ」です。

 

レンタルキッチンでの営業は許可が必要~伊丹で許可付きキッチンお貸しします

「いつかは自分の店を持ちたい」と夢を持つ料理人さん、カフェ開業希望者の方へ飲食店営業・製菓販売許可のある当店の店舗をまるごとお貸しするプランを始めました。

ご提供プランは2種類です。

昼の部

ランチがメインの昼の部は、午前中の仕込み時間を含む18時までの店舗レンタルに、私がホールや洗い物をお手伝いします。

「家賃・光熱費」などの固定費もそうですが、ランチのような客単価の低い時間帯は人件費も深刻な問題です。

レンタル料、人件費込みのプランなら、水物と言われる飲食店でお天気等の要因で万が一お客様が少なくてもリスクを最小限に抑えることができます。

開催日程が早く決まれば集客のお手伝いもします。

製菓の製造販売許可付きのキッチンなので、お食事の提供と合わせてお菓子の販売もできます。

ご利用内容

  • 午前9時から午後12時までのキッチン利用料
  • 午後12時から午後18時までのキッチン・ホールを含む店舗利用料
  • 午後12時から午後18時までの営業のお手伝い
  • 集客支援
  • 初回登録料込
  • 簡易消耗品・ゴミ処理代含む

ご利用料金

 一日当たり20,000円(税込)

夜の部

ディナーがメインの夜の部は高単価のディナーに挑戦するシェフさん向けです。

営業のお手伝いはありませんが、その分信頼できるスタッフと、もしくはおひとりでなど、未来のあなたの店舗をシュミレーションした営業にチャレンジできます。

BGMも完備しておりますので雰囲気作りも悩まなくてOK。

余裕をもって自分のお料理に打ち込むことができますね。

実店舗のオープン前にファンになってくださるお客様との出会いも可能です。

ご利用内容

  • 午後14時から午後17時までのキッチン利用料(この時間は当店のドリンク営業を並行させていただきます)
  • 午後17時から午後23時までのキッチン・ホールを含む店舗利用料
  • 簡易消耗品・ゴミ処理代含む

ご利用料金

 一日当たり20,000円(税込)

初回利用時には別途登録料5500円(税込)が必要です。

楽しい店舗運営であなたの味をたくさんの人に知ってもらいませんか?

予約方法、面談等についてはレンタルキッチンの利用規約に準じます。

レンタルキッチンの詳しいご紹介はこちら

 

レンタルスペースは朝がオトク~伊丹でちょっと遅めの朝活にピッタリ

「午前活」してくださる方、募集します❤️

新しいミルダカフェは、
お席だけのご利用ができることをご存じですか?

大切なお仕事やお勉強、
セミナーやワークショップなど、使い方は様々です。

営業時間中であればご予約なしでお使いいただけるのですが、

この度平日の午前中のみ、定期的に使っていただける方を募集したいと思います。

開店前の2時間15分(9時45分から12時まで)
月に4回使っていただける方に
月額11,000円(税込)でレンタルさせていただきます。
場所は店内奥のテーブル席3つ、椅子はあるだけ使えます。

手前のエリアでは私が開店準備しておりますので、完全貸しきりではありませんが、一般のお客様の出入りはありません。
時間中の茶菓や食事のご提供は別途ご相談となります。

朝は超苦手な私。
「朝活」ならぬ「午前活」のお手伝いをさせていただけたらと思います。

店主からのお願い

営業開始にあたりましては
「待ってたよー❤️」とお越しくださったお客様がいらっしゃり、とてもとても嬉しかったです。
ありがとうございます🙇

さて、今日はちょびっとだけまじめにお話しさせてください。

新しいミルダカフェでは今までと違った形態をとらせていただいたり、新しい試みを始めたりとまだまだチャレンジしていきたいと思っていますが、最重要課題があります。

それは店主である私が、元気に長く続けていけるお店をやるということです。

これからますます歳を重ねていく私が昨年までと同じことを続けるのは体力的に無理があります(すでに営業初日でも立ちっぱなしは体に来ましたし😅)

そのために新しいミルダでは
ランチの食数は限定10食とさせていただきます。

また、定休日とは別にドリンクのみの営業日をもうけさせていただきます。

ランチが限定数になりますので、ご予約は当日のみとさせていただきます。

「お休みの日のご褒美時間」をゆっくり過ごしていただきたく、小学生以下のお子さまのご入店は終日御遠慮させていただきます。

お越しくださったお客様に精一杯のおもてなしをすることが私の使命だと感じています。

一人でカフェを経営するためのメニューについて現役カフェオーナーが解説

  • これからもお勤めを続けていけるのか疑問
  • 一生に一度は自分の思うように生きてみたい
  • これからはあくせくしないでのんびり過ごしたい

などの理由で、一人でカフェをやりたいと言う人は多いですね。

確かに一人での営業は他人に気を遣わずに済みますし、気楽だと思いがちですが、準備・調理・接客・会計・片づけをすべて一人でまかなわないといけません。

そのためにメニュー作りはとても大切です。

一人で営業を続けていくためのメニュー作りのポイントは

  1. メニュー数は絞る
  2. 食事は食数・提供時間を限定する
  3. 一度に何食も作れるメニューを考える
  4. 仕込みはただ作るだけでなく、計量まで細かくしておく

の4つがあります。

後ほど詳しく見ていくことにして、まず一人営業のデメリットを知っておく必要があります。

どのようなデメリットがあるのでしょうか?

一人でオーダーを廻せない

どんな時に「廻せなく」なるのでしょうか。

1.ランチタイム

ランチタイムにブラスでドリンクやデザートをつけて客単価をあげようとするのはよくあることですが、お客様のお食事のタイミングはバラバラです。

料理を作っているときに、別のお客様が食事を終えられ、ドリンクを注文されると、料理のお皿を下げてドリンクを用意しなければなりません。

今作っている料理も早く仕上げてお持ちしないといけません。

そうなると、ドリンクのお客様をお待たせすることになります。

また、ドリンクのお客様が一緒にデザートを頼まれた場合、その準備で調理スペースも取られます。

スムーズなオペレーションができないと、結果どのお客様もお待たせしてしまうことになるのです。

2.複数のお客様のご来店

グループでのご来店もよくありますね。

グループのお客様のオーダーによくあるのが、「別々のものを頼んでシェアする」です。

ドリンクもバラバラ、ケーキもまちまち。

仮に4名グループがバラバラのケーキセットをオーダーされると8種類の商品を作らなくてはいけません。

4人目のオーダーを作り終える頃には一人目の方は食べ終わっていたり、冷めていたりということもありえます。

3.時間差でのご来店

人数は少なくても次々にご来店がある場合、バッシングやお冷出し・注文を聞くことに追われて、料理に取りかかれないことがあります。やっと取り掛かれると思ったら先のお客さまがお会計というのもよくあることです。

仕込みに時間がかかり、拘束時間が長くなる

レストランと違って中休みのないカフェは、いつお客様が来られるか分かりません。常連のお客様とお話することもあります。その間は仕込みを進めることができません。結果閉店してから仕込みをすることも多く、拘束時間が長くなります。

実際私もオープンしたての頃は、仕込みを始めるタイミングがつかめず、仕込みに夜中までかかっていたこともあります。

一人でカフェをやるためのメニューの考え方

1.メニュー数は絞る

何種類ものメニューを置く方がお客様には喜ばれると考えがちですが、選択肢が多いと実はお客様は迷うだけです。

「私の店は○○がおすすめです」と言うご提案をすると、お客様は納得してご注文されます。

あなたがもし他の飲食店に行かれても、嫌いなものでない限りオススメのメニューを注文しませんか?

一度提供を始めたメニューを途中で中止するのは勇気もいります。

最初は極力メニュー数を減らし、きちんとオペレーションができるようになってから少しずつ増やしていくことをお勧めします。

2.食事は食数、提供時間を限定する

限定食数にすることで、そのメニューの評価が高ければ高いほど、早い時間にお客様が来られます。提供時間を限定すればそれ以降は仕込みに集中することもできます。

3.一度に何食も作れるメニューを考える

カフェのランチにありがちなのがサンドイッチ・パスタ・オムライス・カレー・ハンバーグなど。

そのうちオムライスは1食ずつしか作れません。火口にフライパンを2つ3つと並べればできますが、慣れないうちは失敗のもとですよね。

パスタも良くて1度に2食。

サンドイッチも具だくさんにすると意外に時間を取られます。

その点、カレーやハンバーグなら一度に何食も作れます。

このように一度のオペレーションで複数食作れるメニューを導入すれば、重なったオーダーにも対応がしやすいです。

4.仕込みはただ作るだけではなく、計量まで細かくしておく

「段取り八分」と言われますが、仕込みの段階でいかに工夫できるかが、スムーズなオペレーションにつながります。

例えば炒め物のように「肉何グラム野菜何グラム」などと決めているようなものは、一人分ずつ計量してラップしておくなどの工夫をしておくといいと思います。

バターを切り分けておいたり、小鉢ものなどもあらかじめ盛り付けておくのもすぐ出せていいですよね。

まとめ

「一人でやっているから」と温かく見守ってくださるお客様もいらっしゃいますが、その瞬間だけをご覧になって「人を雇えばいいのに」と厳しいお客様もいらっしゃいます。

あれもこれもというよりは、確実なものを最良の状態でお出しする方がお客様は喜ばれるのではないかと思います。

一人営業の典型例~隠れ家カフェについて考える

私はこうしてやりました~一人でできるカフェ開業

小さなカフェの開業、いくらでできるの?

カフェ開業の質問にLINEでお答えしています。登録して質問してね。

友だち追加

一人営業のカフェ、売り上げは平均いくら?

人件費ゼロでオーナーにはいくら残るの?~カフェオーナーの収入公開

カフェ開業をサポートするユアカフェのご紹介

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。詳しくはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

カフェ開業の質問にLINEでお答えしています。登録して質問してね。

友だち追加

おひとりさまにぴったりのミルダカフェ第2ステージは、2/5より本格稼働です

いつも当店をご愛顧いただきありがとうございます。

ただ今ミルダカフェは第2ステージに向けてプレ営業を行っておりますが、この度2月5日水曜日よりランチ営業を開始し、いよいよ本格稼働の運びとなりました。

休業中、ご迷惑とご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。

お店のコンセプト「忙しい女性の癒しの場になりたい」という思いはそのままに、今回はチャレンジする女性のお役にも立ちたいと、「カフェとレンタルスペースの融合」を目指し、オンタイムにもオフタイムにも使い勝手の良い空間を目指しました。

リスタートに際し、これまでと大きく変わった点が一つございます。

第2ステージの店舗は、ご利用時間によるご精算となり、ご在席中のお食事・ドリンク・デザートは原則フリーとなります。

例えば「リフレッシュプラン80分(2300円)」なら有機野菜や無農薬のご飯などのお食事・スペシャリティコーヒーをはじめとするワンランク上のドリンク・手作りデザート各種がすべて好きなだけ。

「プチリフレッシュプラン40分(700円)」ならアルコール以外のすべてのドリンクがフリー。デザート盛り合わせや軽食も追加でオーダーできます。

もちろんスペースのみの利用もOK。

新しいミルダカフェは頑張るあなたのサポーターです。