お知らせ

カフェ開業時に準備すべき備品を現役オーナーが一挙公開

カフェをオープンするとき、準備不足になりがちなのが備品や消耗品など細かな物品です。

一口に備品と言っても種類が多岐にわたるので、

エリア別にチェックするといいと思います。

以下は私の店の備品になります。

厨房

(大きな厨房機器は内装工事中に設置があるので省略します)

  • 鍋、フライパン、やかん
  • 炊飯器
  • オーブンレンジ(温め、解凍、キッシュやケーキを焼くときもあります)
  • IH電熱器(ガスコンロが3口なのでランチタイムにスープを保温したり、ちょっとしたら温めに使っています)
  • フードプロセッサー(これがないと仕込みできないほどヘビーユーザーです)
  • ミキサー(ブレンダー)(スムージーやポタージュなどに使用、フードプロセッサーより容量が多いので一度に処理ができます)
  • 包丁、まな板
  • ボウル、ざる、野菜の水切り
  • ステンレスポット(スープストックやドレッシング、ソースの保存)
  • パイ皿(キッシュなど、オーブンを使って温めたり、目玉焼きをオーブンでやいたりします)
  • タッパー(レンジ対応できるもの)
  • トング(金属製、シリコン製)、レードル
  • 茶漉し、マドラー、栓抜き
  • 菜箸、計量スプーン、計量カップ
  • スライサー、おろしがね
  • 泡立て器、はけ、シリコンベラ
  • ラップ、アルミホイル、クッキングシート
  • 油引き、クッキングペーパー、ポリ袋
  • 電気ポット
  • コーヒー用品(抽出方法によって変わります)
  • キッチンタイマー、はかり
  • ホワイトボード、ボードマーカー
  • カウンタークロス、手袋、マスク
  • 食器用洗剤、漂白剤、床用洗剤
  • ごみばこ、ちりとり、ほうき
  • モップ、モップリンガー

レジ回り

  • 筆記用具
  • 電卓、コイントレー、レジロール
  • メモ、ふせん
  • 油性マーカー(赤、黒)
  • 注文伝票、領収書
  • 収入印紙
  • 伝票差し、伝票板
  • ノート
  • セロテープ、のり、ホッチキス
  • ハサミ、カッター
  • ガムテープ、荷ひも、マスキングテープ
  • 結束バンド、画鋲

デシャップまわり

  • トレンチ、ダスター
  • 紙ナプキン、おしぼり
  • 水差し、お冷やグラス、コースター
  • 予約席の札
  • ティッシュ

ホール、テーブル回り

  • メニューたて
  • 紙ナプキン(入れるものも)
  • 塩入れ、爪楊枝(入れるものも)
  • シュガーポット
  • ポップスタンド、ショップカードいれ
  • ひざかけ
  • ほうき(店内用、外用)
  • 床掃除用モップ
  • ちりとり
  • 入り口マット

トイレ、洗面スペース

  • トイレットペーパー
  • ごみいれ
  • ハンドタオル
  • アルコール
  • 芳香剤
  • 清掃用品

その他

  • タイムカード(スタッフを雇用していた時に使っていました)
  • 花瓶(お客様からお花をいただくことがあるので)

まとめ

細かなものの買い物はオープン間際になりがちですが、この頃は他にも急いでやらないといけない要件が多く、取りこぼし気味になるので

なんども買い物に行かなくて済むようにチェックしてみてください。

お客様に重要なお知らせ

いつもミルダカフェをご愛顧いただきありがとうございます。

新しい時代を前にして、お客様にお知らせがあります。

〈4月より定休日が増えます〉

今のところまだ第3月曜日以外のお休みを決めかねておりまして、流動的となります。
4月は
4/1、6、15、29日をお休みいたします。

〈店内の開店を11時30分といたします〉

お弁当業務の強化のため、店内営業を11時30分開始とさせていただきます。
本日時点でご予約を頂戴しておりますお客様につきましては11時よりご対応させていただきます。
お弁当の受け渡しはこれまで通り11時からとさせていただきます。

〈夜カフェの一部メニューのご提供を終了いたします〉

一昨年4月より開始しておりました夜カフェですが、今後は昼夜共通のメニュー構成とし、一部メニューのご提供を終了いたします。
ご予約のお客様には事前にご希望をお伺いし、ご要望に沿ったメニューをご提供できるよう努力いたします。

店をオープンして3年半となりますが、
一人での長時間営業は体力的に限界があり、
自身の体調とも相談し
長く店を続けて行くため今回の結論に至りました。
これからも丁寧な仕事を心がけ、お客様をお迎えする気持ちに変わりはございません。
どうぞこれからもミルダカフェをよろしくお願い申し上げます。

春のミニマルシェ 出店者ご紹介

3/17 春のミニマルシェ 出店者紹介
vol2 hofuna雑誌店

初出店です❗

イタリア製合皮に線画でデザインしたミニ財布とメガネケースにもなるペンケースをともに5色展開で販売します。
また、カカオ豆をそのままスィーツに仕上げたお菓子も販売。

皆さまのお越しをお待ちしております。

お弁当に便利な作りおきおかずレシピ~さつまいものレモン煮

箸休めになるさつまいもの甘煮。

レモンをいれることで爽やかな酸味を伴ってお店の味になります。

材料

さつまいも(お好きな品種) 中1本

砂糖 大さじ5

レモン汁(市販のレモン果汁でOK) 30cc

水 200cc

作り方

さつまいもはたわしで軽くこすって汚れをとり、皮のついたまま5ミリ程度の輪切りにします。

鍋にさつまいも、かぶるくらいの水を入れて火にかけ、10分ほど固めに茹でます。

一度湯をこぼし、砂糖、レモン汁、水を入れて落し蓋をして再度火にかけ、10分ほど煮ます。

水が多いと、出来上がりも水っぽくなるので、ヒタヒタより少し少なめがいいです。

竹串がすっと通るまで煮たら火を止め、そのまま一晩置きます。

レモンがないときはリンゴ1個を食べやすい大きさに切って、さつまいもを覆うように並べて水を足して煮ます。このときは砂糖は半分の量、塩をひとつまみ入れるといいです。

保存期間

冷蔵庫で4日程度

春のミニマルシェ 出店者ご紹介

3/17 春のミニマルシェ 出店者紹介
vol1. komamecafe

ハンドメイドアクセサリー、春色ハーバリウム、母の日のカーネーションハーバリウム、ハーバリウムボールペンを販売いたします。
ピアス、イヤリングは¥300〜とイベント価格となっています。

プレゼントにいかがでしょうか😆
お客様のご来店、お待ちしております💕

お弁当に便利な作り置きおかず~カフェでも出してる野菜編

お店で出しているお弁当のおかずは

当日朝に作るのは量的に難しいので

ほとんどが前日作り置きします。

これは、家でのお弁当のおかずのヒントにもなりそうですね。

今お店で出している副菜をいくつかご紹介したいと思います。

お店でもそうですが

お弁当もやっぱり彩りが大切ですよね。

トマトだけ、ブロッコリーだけでも色合いにはなるけど、

ちょっとだけの手間で目にもお口にも美味しいおかずを入れたいものですね。

食欲をそそる赤

冷めても野菜の優しい甘味 ラタトゥイユ

レシピはこちら

赤ピーマンのマリネ

赤大根のピクルス

全体の色のバランスを整える緑

季節の味を取り入れて 菜の花と干しエビの炒め物

レシピはこちら

ピーマンとちりめんじゃこの炒め煮

切り干し大根と豆苗の酢の物

小松菜としめじの和え物

ブロッコリーと新じゃがのアンチョビ炒め

差し色で華やかにオレンジ、黄色

おしゃれな常備菜の定番 キャロットラぺ

レシピはこちら

さつまいものレモン煮

レシピはこちら

まとめ

色の綺麗な野菜がならび始めるこれから。

まとめて作ってカラフルで楽しいお弁当ライフを送りたいですね☺️

ミルダカフェでは彩り豊かなランチプレートをそのままお弁当に。

夜もテイクアウトしています☺️

カフェのお弁当お持ち帰り、自宅でお店の味をどうぞ

「カフェでお昼ごはん食べてみたいけど、一人では入りにくい」

「小さい子供がいるから静かなカフェには入りにくい」

「毎日お弁当作るのはめんどくさい」

お昼ご飯の悩みはいろいろありますよね。

ミルダカフェでは完全手作りのお弁当、販売しています。

当店のお弁当のおすすめポイント、ご紹介します。

1.ご飯は無農薬

お弁当の命、ごはん。

熊本県産の無農薬米と有機十穀米のブレンド。

もちもちとして、冷めてもおいしくいただけます。

2.野菜は有機野菜

おかずに使用している野菜は熊本県産の有機野菜が中心です。

付け合わせのお野菜は自家製ドレッシングで。おススメです。

3.注文いただいてから完全手作り

ミルダのお弁当は作り置きをしていません。

ご注文いただいてからひとつひとつ丁寧に作っています。

「○○時に取りに行きます」とご予約いただければ、ご希望の時間に温かなお弁当を用意します。

まとめ

忙しい合間に食べるお昼ごはんだけど、

手抜きのご飯じゃテンション下がりますよね😃

目にも嬉しい彩り弁当をぜひご利用ください。

お子さま連れのお客様にお願い

これは賛否両論で

お叱りもたくさん受けることは承知でお話しさせてください。

私はカフェのオーナーである前に

子を持つ親でもあります。

だから

育児の大変さはよく分かっています。

子供を愛してやまないけど、自分の時間も欲しいという気持ちも分かります。

子供のすることに無駄なものなどないとも思っています。

テーブルの上のものが気になって触ったり、

音をたてたり、

ママに気持ちが伝わらなくて泣いたり

それも成長の上では必要なことです。

でも小さな私の店は

それをすべて受け入れる器量がありません。

赤ちゃんの泣き声は店内中に響くほどの小さい店です。

赤ちゃんをあやすのに立ち上がったそのすぐ先は、他のお客様のお席です。

好奇心の塊で、まだ回りに気を遣うことを覚えていない小さなお子さんをたしなめるママの声もまた店内中のお客様が聞いています。

ママのお会計時に早く外に出たいお子さんについてあげられるスタッフもいません。

私は家事や仕事に忙しい女性が

大切な自分の時間を穏やかにゆっくり過ごして欲しいと言う思いで店を始めました。

その思いが伝わってご来店くださるお客様にお応えし、それにふさわしい雰囲気を作る義務があると思っています。

だからもう少しだけ待っていただけないかと思うのです。子供たちがお留守番をできるようになるまで。

2/1より

当店は11時から14時まで

未就園児(ベビーカー含む)をお連れのお客様のご入店をご遠慮させていただきます。

キッシュのテイクアウト再開します

キッシュのテイクアウト再開します❤️

ランチをリニューアルして以来、
キッシュと野菜のプレートが人気です😃

「買って帰れるの?」というお声もいただいていますので、
買って帰れることにしました😁

冷凍でのお渡しになりますが、夏場以外保冷剤をお付けしませんので、
当日中にお召し上がりいただきたいと思います。保冷剤をご希望のかたはお申し出ください(有料になります)

今は旬のちぢみほうれん草とベーコンのキッシュになります。