シフォンケーキが人気のカフェレシピ大公開


コロナウイルスによる外出自粛で、自宅でお菓子を作ったり、パンを焼いたりする方が多くなったようですね。

お店に来られるお客様の中にも、お菓子を作ってらっしゃる方は多いのですが、よく言われること

「シフォンケーキはシンプルなのに難しいよね」

そこで今回は、お店で焼いているレシピを公開することにしました。

1.材料(プレーン)

(17センチアルミシフォン型)

  • 小麦粉 75グラム ⇒ あらかじめふるっておく
  • 砂糖 70グラム
  • 卵  Lサイズ3個 ⇒ 卵黄と卵白に分ける
  • 塩  軽く一つまみ
  • サラダ油 35グラム
  • ぬるま湯 55グラム(cc)

2.卵黄生地を作る

  1. 小麦粉と砂糖30グラム、卵黄、サラダ油、ぬるま湯を大きめのボウルにすべて入る
  2. はじめはゆっくりと材料全体をなじませるように混ぜる
  3. 全体がなじんできたら、ボウルの底ですり混ぜるように合わせていく。
  4. 全体がクレープ生地のように均一になれば出来上がり

(参考動画)オレンジのシフォンケーキ

3.メレンゲを作る

  1. ボウルに卵白と塩を入れ、泡だて器で左右に切るようにほぐす
  2. ハンドミキサー中速で30秒攪拌した後、砂糖を半量加える
  3. ハンドミキサーを高速に変え、1分攪拌した後残りの砂糖を加える
  4. 高速のまま、ぴんと角が経つまで攪拌する(約2分~2分30秒)
  5. 泡だて器で10回ほどまでキメをそろえる(泡締めと言います)

(参考動画)業務用ミキサーで作る日本酒のシフォンケーキ

4.メレンゲと卵黄生地を混ぜる

  1. メレンゲのうち1/4程度を卵黄生地にいれ、泡だて器でぐるぐると白い筋がなくなるまでしっかりあわせる⇒「犠牲のメレンゲ」と言って残りのメレンゲをなじみやすくするための作業でここでは泡がつぶれるなどは考えなくていいです
  2. 残ったメレンゲの2/3を卵黄生地にいれ、泡だて器でざっくりと混ぜたのち、ゴムへらで底から救っては返すように30回程度混ぜる
  3. 残りのメレンゲを入れ、泡だて器でざっくりと混ぜたのち、ゴムベラで底から救っては返すようにさらに50回程度混ぜる
  4. 底に混ざり切っていない卵黄生地がないことを確認して終わり。

(参考動画)オレンジのシフォンケーキ

5.型に入れて焼く

シフォン型にそっと入れる。入れるときは一か所から、途切れないように入れきります。

シフォン型を左右に軽くゆすって均一にならす

160℃のオーブンで35分焼く。

6.焼き上がり

さかさまにして、筒をお手持ちの瓶に差し、約6時間冷ます。

しっかり冷めないと型から外した時にフワフワし過ぎて自立できず潰れてしまうのできちんと冷ましてくださいね。

まとめ

シフォンケーキはメレンゲの多いケーキなのでついつい慌てて作業をしがちです。

メレンゲの力を信じて生地作りはしつこく、焼きもしつこく、一度トライしてみてください🎵

私のシフォンケーキへの思いはこちらのQRコードをチェック!

当店大人気のシフォンケーキは、地方発送もしています。

ネットショップ「BASE」から購入できますので、ぜひ一度食べてみてください。