日別アーカイブ: 2019年5月13日

小さなカフェを開業したいあなたへ、現役オーナーが考える開業サポート

夢だったカフェ開業への道、スタートに立ったあなた。

その想いと勇気に敬意を表します。

こんな不安はないですか?

  • 本やネットで情報は集めているけど自分のお店にどう落としこめばいいのか分からない
  • 考えたお店のコンセプトがお客様に受け入れられるか不安。
  • 何をどんな順番でやっていけばいいのかよく分かっていない。
  • カフェの学校へ行っているけど、まだ自分の店が形になってないので質問することが分からない。
  • やらなければならないことがたくさんあって考えただけでやりきれるか不安。
  • そもそもカフェオーナーとして本当にやっていけるのかも自信がない。

これらの不安はカフェの開業を

「一人でやらなければならない」と思っているからこその不安です。

私もあなたと同じ不安を抱えながらの開業でした。

そして開業前にこんなことをしていました。

本やネットを片っぱしから読む

カフェ関係の雑誌、飲食店開業の本、小さいお店開業の本、何冊買ったか分からないし、図書館でも借りました。立ち読みもしました。家ではネットサーフィンしまくって開業の記事を読みました。

でも書いてあることはだいたい同じ。

頭では分かってるつもりなのに、まだ場所も決まっていない自分の店にどう当てはめていいかも分かりませんでした。

肝心の物件が決まってからはやることが多くなり、本を読む間もなくなりました。

カフェの学校へ行く

どうしても失敗できないと思っていた私はカフェの学校へ通いました。

一口に「カフェをやる」といっても、お店の規模から提供メニュー、調理人のスキルなどまちまちです。「だれでも初心者からカフェオーナーになれる」ことを目指している学校では物足りないこともありました。本当に聞きたいことがうまく言葉にできないまま、広く浅く終了しました。

カフェの開業コンサルを依頼する

いよいよ物件が本格的に決まりそうな頃、開業のコンサルを依頼しました。

私のお店のコンセプトを理解してくださった先生のお陰で、思うようなお店をオープンできました。

ですがもちろん「これをやっておいた方がいい」というものをすべて一人で抱え、遅くまで準備に追われました。

また、契約がオープンまでだったため、

そのあとは段々質問しずらくなっていきした。

本当の疑問は開業してからどんどん沸いてくるのに。

あなたには孤独な営業をして欲しくありません

カフェの開業はお店をオープンしたら終わりではありません。

常に軌道修正が必要です。

例えば定休日ひとつとっても、データをとってみなければわかりませんよね。

だけど、一人の営業ではそれすらも決めれません。

「火曜日に休めば火曜にしか来ないお客様が困る」という具合にです。

だれかに相談することで考えがまとまったり、気持ちが整理できたりするものです。

その相手にあなたは誰を選びますか?

ご家族?友人?

それともカフェ開業経験者ですか?

ユアカフェのサポートを受けると不安なく営業を開始できます

  • 徹底したヒアリングであなたの希望のお店のコンセプトを共有しサポートします。疑問点、問題点も一緒に解決していきます。
  • 一歩前にカフェをオープンし、現在も営業しておりますので、生きたカフェの情報が手に入ります。
  • 実店舗を利用してのシミュレーションができます。
  • 雑務をすべて引き受けますので、オーナーとして本当にやらなければならないことに集中できます。
  • 一番大切なのは開業ではなく営業。開業一年間もミーティングを行い、不安を取り除きます。
  • 思い通りにならないのが集客。マーケティングも学んだユアカフェがあなたのお店の集客のお手伝いもします。

サポート内容はあなたにカスタマイズしたものをご提案します。

ユアカフェのサポートメニューから必要なものだけをチョイスし、あなたのためのプランのご提示をします。

カフェ開業の質問にLINEでお答えしています。登録して質問してね。

友だち追加

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。詳しくはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

 

自分の人生を自分らしく楽しむために~カフェ開業のすすめ

人生100年時代といわれるようになりました。

あなたは自分の次の人生について

考えたことがありますか?

このあとの人生を

あなたはどう過ごしますか?

こんなことを考えたことはありますか?

  • 今まで家族のために頑張ってきたけどこれからは自分の人生を考えたいな。
  • 後輩に仕事を渡していく年代になり、このまま定年を迎えてもいいのかな。
  • 私が本当にやりたかったことってなんだったのかな。

私がカフェを始めた理由

私もほんの3年前まで、平凡な主婦でした。

仕事は好きでしたが、家族優先だったので

家事に支障をきたさない程度にしかできませんでした。

そんな私がある事情があって勤めていた会社の現場(飲食業)を手伝うことになりました。

事務職畑25年の私にとってはいろんな意味でとても新鮮で刺激のある仕事でした。

そしてある時こう思いました。

「若いときカフェやりたかったよなぁ」

娘たちはもう手の掛からない歳になっていました。

やらない選択肢もありました。きっとその方がラクだったでしょう。

でも私は違う道を選択しました。

人生で一度くらい自分の好きにしたかった。

自分のためにだけ頑張ってみたかった。

「あーあ、あのときカフェやってみたかったよなー」って後で後悔したくなかったのです。

実際にカフェをオープンして感じたこと

もちろん商いなので

そんなに甘いことばかりではないです。

でも

最後のお客様を見送ったあとの

清々しい疲れは

これまでには感じなかったことです。

自分で考えて作ったお店を

好きだと言ってくれるお客様がいらっしゃるのは例えようのない幸せです。

そして一番は

私の努力に

「私が欲しいと思った報酬」が返ってくることです。

頑張っているのに評価してもらえない。

自分の時間を犠牲にしているのに

家族だから当たり前って思われる。

そんな世界とは無縁です。

なぜカフェをおすすめするのか

それはカフェの利用客の多くが

「女性」だからです。

女性には女性にしかわからない価値観、悩みがありますよね。

その悩みも年代とともに違います。

お客様に共感してもらえるお店を作るには

まず自分がお客様に共感することが必要です。年上の方になら

人生の様々な区切りを乗り越えてきたあなたならそれができると思うのです。

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。詳しくはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら