カフェ開業のおすすめ本~成功しているカフェオーナーが勧める6冊


カフェ開業にあたっての情報収集、今はネットから始めることが多いと思いますが、ネットで調べたことを書き留めてるうちに、何がなんだか分からなくなることも多いのではないでしょうか?

購入代はかかりますが、書籍は書き込みや付箋もつけられるし、必要なところだけスクラップもできてやっぱり便利です。

私が読んでおすすめしたいものをご紹介します。

1.Cafe&Restaurant

通称「カフェレス」、カフェ巡りの好きな方にも愛読されてますが、カフェ開業希望者にとってはバイブル的な雑誌でもあります。「いつかはカフェレスに載りたい!」と頑張る方も多いです。

特集が自分の気になるものだけを購入されるのもいいと思いますが、

特集以外にも開業に役立つページが満載なので、私は定期講読をしていました。

コーヒー豆をお願いしているロースターさんとの出会いもこの本からでした。

2.料理通信

「料理通信」のなの通り、料理や製菓に特化している雑誌です。私は食材に拘りたいと思っていたので、食材別の業務用の専用サイトや新しい食材、レシピなどもここから調べていました。取材されている方もすごく拘りのある方ばかりで、触発されることも多かったです。卵や紅茶、砂糖など、生産販売されている方に直接メールを送ったりする勇気はこの本を読まなければなかったかもしれません。

3.ド素人OLが飲食店を開業しちゃダメですか?

「カフェをやりたい!」と思ったら最初に読んでもいいかも知れないというくらい、記事が分かりやすく書いてあります。

飲食店をやりたいと思い立ったOLさんが知り合いのマスターに教えてもらいながら開業していくのですが、会話形式になっていて読みやすかったです。

4.カフェをはじめる人の本

自分らしいカフェをオープンした方のインタビューが数多く掲載されていて、

自分のカフェのコンセプトを決めるのに参考になる本です。客数や定休日などの情報も載っているので、営業計画を立てる際の指標にもなりました。

後半には開業にまつわる基本的な情報も載っているので、一冊だけ買ってみてという方にもおすすめです。

5.ひとりではじめるこだわりカフェ塾

実はこの本は、開業してから読んだ本です。今は日毎月毎に売上にも波があることに対する精神的な強さは身に付きましたが、当時はジェットコースターのような売上の上げ下げに「???」となり、閉店後の店内でネットサーフィンしていました。

こちらの本も開業一年目で色んな悩みにぶつかり、もがきつつも創意工夫しながら人気店を作り上げられた著者が、「そうならないように」と書かれた本です。

単に「開業」というだけでなく、その先の営業まで見据えた本になっています。オープンしてしまうと、うまくいかないからと軌道修正していくことも思ったより難しいです。ぜひオープン前に読んでおくことをおすすめします。

6.ELLE a table

開業前にお世話になったコンサルの先生に「これ読んで盛り付け勉強して」と言われた本です。盛りつけ、色のセンス、ホントにおしゃれな本です。雑貨販売を併設したいと考える方にも参考になると思います。

まとめ

飲食店開業の本は本当にたくさん出版されていて開業希望者の多さを物語っています。「小さなカフェ」に絞っても全部は読みきれないくらいです。ついつい全部買って読まないと失敗するのではと思いがちですが、ご自身のニーズに合わせて選んでください。開業のイロハだけを知りたいなら図書館にある古めの本でも大丈夫ですよ。

カフェ開業の質問にLINEでお答えしています。登録して質問してね。

友だち追加

まずはやってみよう!カフェオーナー一日体験。詳しくはこちら

カフェオーナーになるためのイロハがマンツーマンで学べるカフェ開業セミナーのお知らせはこちら

カフェ開業に役立つ情報発信中。

LINE登録は↓

友だち追加